スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島避難民への差別に胸が痛い

福島から福島県からの避難者を差別するニュースが最近多くて胸が痛い思いです。
この記事でも、避難者の放射能汚染度を検査しないと危険みたいな風潮が、市民だけでなく市がそんなことを言ってるんだから困ったものだと思う。


以下ニュース記事転載↓

福島第1原発事故などにより福島県から避難してつくば市に転入する人に対し、
市が放射能汚染の有無を調べるスクリーニング検査を受けた証明書の提示を求めていたことが19日、分かった。
転入者からの抗議を受け今月11日から証明書の提示は求めていない。

市によると、市市民課は3月17日、福島県から転入手続きに訪れた人に対しては証明書の提示を求めるよう担当する窓口職員に通知。
検査を実施していない場合は、土浦保健所(土浦市)や市消防本部などで検査の実施を促していた。

今月11日、宮城県仙台市から転居してきた男性(33)が市の大穂窓口センターを訪れた際、
女性職員が通知の内容を勘違いして証明書の提示を求め、男性が抗議して問題が明るみとなった。

市原健一市長は「検査は強制ではなく、避難者や市民の不安を取り除くために実施した。誤解を与える結果となり、
配慮が足りなかった」と語った。市は震災後、福島県からの避難者をつくば国際会議場や洞峰公園で
最大約600人受け入れるなど被災者を支援してきた。

ソース 茨城新聞 つくば市、放射線検査を要求 福島の転入者、抗議で撤回
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13032254414141


転載終わり




第一に、放射線を浴びたかもしれないが、放射能物質をもちこむとかじゃないんだから、他人に影響を与えるような放射線をまき散らすようなことはないって、ハッキリ言ってあげたらいいのに。

それは政府がキチンというべきことだと思います。

詳しく書いている時間はないけど、セシウム137などは、ベータ線やガンマ線といった放射線を出すから、つまり放射線を出す能力があるから放射能というわけです。放射性物質から出てきた放射線を浴びた人が放射能をもつわけではないのです。

バイオハザードじゃないんだから。ウイルスみたいに感染するならともかく、放射線を浴びた人と一緒にいたってどうってことはない。

放射線を浴びた人の健康状態への影響はあるかもしれないが、放射線を浴びた人が放射能をもって他人へ害を及ぼすなんて考えられない話だから。
感染するようなイメージを持たせた政府は問題だ。

万一、ヨウ素などの放射性物質が体に付着していたとしても、ヨウ素の半減期は8日。ほとんど害はないといっていいと思います。

セシウムは、半減期が30年だからやばいじゃないかというかもしれないけど、セシウムは無限に蓄積されるものではなくて、泄によって約3カ月程度で追い出されてしまうのです。
まあ、これは、放射性物質を体にいっぱいくっつけてきた場合の仮定を言ってるんですが、そんな危険区域にいた人が避難してくるわけじゃないんでしょ?

汚染が薄い地域からやってきて、しかも移動でとれたり洗濯したりしてるなかで、どれだけの放射性物質がついてくるんだ?

結局のところ、周囲の人の健康被害に影響を及ぼすようなことは考えにくいと思います。
ほうれんそうみたいに食べるとかいうんじゃないんだから。
スポンサーサイト




「大丈夫?」っていうと
「大丈夫」っていう。


「漏れてない?」っていうと
「漏れてない」っていう。


「安全?」っていうと
「安全」っていう。


そうして、あとで
こわくなって、


「でも本当はちょっと漏れてる?」っていうと
「ちょっと漏れてる」っていう。



こだまでしょうか。
いいえ、枝野です。




笑っちゃいかんが笑ってしまったよ(笑)



かなり、きついブラックジョークだけど、例のAC広告、金子みすずの詩をパロディにしています。
動画の方が面白いのででどうぞ(笑)。
動画はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=jVLDf-JW3Aw



話は変わりますが、

環境問題の武田先生が驚きの暴露してました。
原子力発電所は震度6程度の地震対策もできていないらしいです。漏れた後も対策も、ぜんぜん考えられてないんだとか。
関西テレビなので、関東では放送されていないから、関東の人はぜひ見てみてください。
ほんと、役所ってどうかしてるね~。
....


たかじんのそこまで言って委員会「原子力保安院の大ウソ暴露!(関東エリア未放送) 」
動画はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=jyou9oG1qBg

2012年地球規模の大地震到来か?

東日本大地震で、今大変なことになっているが、他の地域の人々はどこか人ごとのような気になっていないだろうか。というのは、近年発生している原子力事故なんかをみると、まんざら他人事のようにも思えない気がしてきたのである。



昨年8月、福井の原発もんじゅで、に原子炉容器内に炉内中継装置が落下し、抜けなくなっている問題があったけど、あれってまだ解決してないよね?



2010.10.26高速炉『もんじゅ』に出た“生殺し”死亡宣告
http://getnews.jp/archives/82554


2011.2.22高速増殖炉「もんじゅ」課長が自殺 トラブル復旧を担当、今月中旬から不明

2011.3.24もんじゅの安全再検証を 県が文科省に要請
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20110324/CK2011032402000113.html


なんかこの記事を読むと危ないような気もするけど。。。



ふと思ったのは、2012年12月22日にマヤの暦が終っていて、地球規模で大きな出来ごとが起きるということでした。
これまで、マヤの暦の話で語られていたのは、隕石だとか、太陽のフレアがどうのとか、氷河期が来るとか、北極と南極が入れ替わるとか、電磁波の大量発生とか荒唐無稽といっては失礼だが、そんな話がほとんどだったように思う。


でも、今回の東北地方の地震を見て思ったのは、世界規模の大地震の発生による崩壊のシナリオならありうると思ったのです。
今回の東北の大地震が、今後くるであろう地震の予兆程度のものであったなら・・・
2012年、本当に大地震は来たなら、世界中の原発で放射能が漏れるなどの事故が起き、復旧作業も遅れ、世界規模の大被害が発生する恐れが考えられると思います。

どこかのハイパーメディアクリエイター氏は、原発から逃れる為に西表島へ避難したそうですね。あらゆる原発から一番遠い場所なんだそうですが、原発事故のきっかけが地震であるなら、津波が発生するわけで離島でも危険は多いと思います。


世紀末ものの映画はたくさんありましたが、原発にからむものはほとんどありませんでしたよね?
でも現実には、隕石が落ちて津波が来たって、地震が発生したって各地にある原発は非常事態になるはずなんです。

それは、もしそんな内容を盛り込んだ映画が上映されたら、本気で原発大丈夫かと心配する人も出て来て、笑えないフィクションになるからです。
特に、原発を推進しているアメリカなんか絶対認めないでしょう。もし、どこかの国でそんな映画を作っても、フランスなどの原発に電力を頼ってる国ではヒットしないかもしれない。

そんなことを思えば、今まで気付かなかったのか、気付かれないように操作されていたのかわからないが、原発の恐ろしさを再認識したのです。


2012年に本当に世紀末がくるのか、それはわからないです。
しかし、原発の有る限り、世界滅亡の可能性は否定できないということです。
今回の東北地震で原発事故が起きていますが、これをきっかけに原発をやめようなんて動きが活発になるかもしれませんが、おそらくなかなかなくなることはないでしょう。


おきてしまって、あの時やめてればな・・ってのが人類のパターンだから。


終わりに、2012年週末説を否定する意見も述べておきます。


2012年、地球は本当に滅亡するのか!?マヤ族の長老がこの問いに答える!!
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51516855.html

東北地震チェーンメールに注意

東北地方地震は本当にすさまじい被害で、被災者の方には本当にご無事でいられることを祈っております。
さて、最近になって、大阪の友人から「放射能が大量にまき散らされているから、ヨウ素を摂取して放射能対策をしましょう」というメールが来てました。

内容を簡単に言うと、放射能から身を守るためにヨウ素を摂取しましょうというもので、①昆布やワカメをたくさん食る②イソジンなどを飲むなど書かれてあります。そうすることによって、体内の放射能が排出されて安全だとか。

確かにヨウ素の摂取は放射能予防の一つで、いわゆる「ヨウ素(安定ヨウ素剤)」を6ml飲まないといけないようですが、それをイソジンで摂取しようと思ったら、なんと10Lも飲まなければならないのですよ。さらにひどいのは、イソジンの代わりにうがい薬などを飲むケースも見られるらしい。ヨウ素剤とは成分そのものが違うので、飲用・内服する意味自体がないのです。
それと、ワカメと昆布は、確かに天然のヨウ素が含まれておりますが、吸収されるまで時間がかかるうえ、消化吸収によって得られるヨウ素は微量です。

じゃあ、安定ヨウ素を飲めばいいのか?というと、それも微妙で、副作用がおこる可能性もあるから医師の判断が必要なんだそうです。しかも、40歳以上になると、ヨウ素を飲んでも一緒なんだって(汗)

ちなみに、なぜヨウ素が放射能対策となるかと、体内にヨウ素が不足すると、放射性ヨウ素を体に取り込もうとするからです。それらが体内に蓄積されて、内部から継続的に放射能を浴びることになるため、事前にヨウ素を取り込むことで体内のヨウ素を満たし、放射性ヨウ素を取り込まないようにしようというものです。
こういう理屈からすると、昆布やワカメに手を出しても遅いってことになるわけです。

また、放射能を浴びれば被曝する(外部被爆)し、ヨウ素が放射能を体外へ排出すると言ったことはありません。
現段階では、放射能は花粉のような粒子にくっついて飛んでくるので、対策としては、花粉対策と一緒です。
外出時には、出来るだけ肌を露出させない服を切る、マスクや濡れたタオルなどで口を覆う。
家に帰って来たら風呂に入って洗い流すなどすると良いとのことです。
それにしても、この大惨事のさなか、このような不安をあおる不謹慎極まりないこのようなメールには、みなさんも気を付けてください。

空耳アワー

【中国】橋上で自殺宣言男に説得すると近づき突き落とすおっさん

♪チャ、チャラッチャラッチャー♪
新聞によりますと(なつかしいフレーズ)

中国の国営・新華社通信は23日、南部の広東省・広州市にある橋上の構造物に座り込み、自殺を宣言していた男性に近寄った通行人が男性を突き落とす事件があったと報じた。男性は約8メートル下に敷いてあった衝突の衝撃緩衝材に落ち、背骨などを負傷したが、病院に運ばれ回復している。


・・・やっぱすごいね~中国。
自殺するいいながらぜんぜん飛び降りないから、野次馬が突き落としに行くんですから(汗)
突き落とされたら死んじゃうじゃん!と思ったら、下にクッションがあったのね?しかも高さ低っ!
しかし、日本ではありえないことだけど。


それよりもさ。
下の映像見てみてよ。
事件後の一部始終が放映されてるんだけど、その後に放送される「空耳アワー」が面白いんです(笑)

空耳アワーとは、中国語でしゃべってる会話のうち、なんとなく日本語に聞こえるところを字幕でピックアップしてあるんですね。笑える(笑)


ハゲゴリラ!
とったらみせろや!おなかすいた!
あ、ママ~!(笑)
今出川落ちたー!!!!

(笑)









プロフィール

けんぴょん

Author:けんぴょん
いつもしょうもない話を見に来てくれてありがとう。やたらと迷惑サイト広告の書き込みが増えてきたので、しばらくコメントの書き込みを遠慮することにしました。それに伴って、更新もしばらくお休みします。
閲覧は自由です。アクセスが多いようなら、また復活も考えようかな?

カウンター(2007/9/13より)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。